お知らせNEWS

2020年「新生児聴覚スクリーニング検査」調査報告

2021.07.02医療機関の方へ

2020年 「新生児聴覚スクリーニング検査」調査報告          (2020年1月~12月分)

 

新生児聴覚スクリーニング検査を実施いただいている機関の皆様には、いつもご協力いただきありがとうございます。

2021年4月に行いましたアンケート調査についてご報告させていただきます。

 

沖縄県の出生児数 15,124 (沖縄県HPより;2020年)
アンケート回収率 78.8% (26施設/33施設 分娩施設)
対象児数 11,347  
初回検査実施数 11,058

(97.5%)

(全国 90.8%;2019年※3
検査未実施数 NICU搬送 109  
希望せず※1 166  
不明 14  
要再検査率※2 6.2% (全国 自動ABR※4 1.4% ,

OAE※5 2.4% ;2019年※3

初回検査結果を把握している

市町村※3

38市町村

(92.7%)

(全国 99.2%)
要支援時に対する指導援助を

行っている市町村※3

14市町村

(34.1%)

(全国 80.7%)
初回検査の公費助成市町村※3 7市町村

(17.0%)

(全国 52.6%)

※1 希望せず:検査を希望されたかった人数

※2 要再検査率:初回検査の要再検査率

※3 厚生労働省「2019年度 新生児聴覚検査の実施状況等について」より

※4 自動ABR:Automated Auditory Brainstem Response

※5 OAE:耳音響放射(Otoacoustic Emission)

 

2020年に検査を希望されなかった方は、166名でした。1人でも多くの児が検査を受けることができ、また要支援児をサポートできるように、きこえの支援センターでは、引き続き市町村、実施機関の皆さまとともに事業を推進してゆきます。検査の啓発用リーフレット(きこえの支援センターホームページでダウンロード可能)もありますので、ご活用いただければ幸いです。

2022年3月にも調査依頼を予定していますので、引き続きご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー
お知らせ
医療機関の方へ